スクーターとは

  • 投稿日:

スクーターと原付・・・特に違いはないんじゃないの??
まぁ大きさに関して言えば同じですしね。

スクーターの定義というのがあるそうです。
スクーターは原動機を座席の下に設けていて、
前方に足踏み台のある車輪の直径は22インチ以下で有るという2輪自動車
だそうです。

世界初のスクーターと思われるものは1910年に登場しているようです。
子供の玩具のスケーターにエンジンを取り付けた感じだったそうです。
想像できますかね・・・?
写真とかないとちょっとわかりずらいですよね・・・。

シートができたのは1919年以降だそうです。
それまではシートがない状態だったんですね。

そして今のような形になったのは1923年に発売されたもの以降だそうです。

ちなみになぜスクーターとなったのか・・・
これは諸説あるそうで定かではないそうです。

日本では、戦後間もなくオートバイよりも実用性が高い、
四輪よりも安価ということでスクーターは荷物を運んだりとか、
移動のために結構用いられていたそうです。

でも、アメリカなどではスクーターは高価なものだったそうです。
GHQはスクーターを贅沢品とみなして生産を中止する指令を出したりしたそうです。
娯楽のために利用するものだったんですね。