原付を処分したい!必要な手続きと費用

  • 投稿日:

乗らなくなった原付を処分したい!と思っていても、何となく面倒で
そのままにしている人は多くいるのではないでしょうか。
乗らないのに面倒だというだけで、毎年税金を払っている方が勿体ないです。

実は原付を処分するときに行う廃車手続きは原則無料でできます。
管轄の役所に行って、ナンバープレート、印鑑、標識交付証明書を持っていき
廃車申込書に記入して提出するだけです。
標識交付証明書は紛失していても問題ありません。

これだけのことなので、費用が発生することはありません。
もし廃車業者に依頼すると、手数料を取られることがありますので
廃車手続きは自分でやってもいいのではないでしょうか。
税金が発生する4月1日よりも前の段階で、廃車手続きを取りましょう。

問題は廃車ではなく残った原付

廃車手続きは無料でできることが分かったかと思いますが、
問題は残された原付本体の処分をどうするかです。
廃車専門業者に引き取ってもらう場合の相場は、3000円~7000円となりますので、
決して安いとは言えません。

ではこのスクラップ費用を無料にする方法はないのでしょうか。
方法としては廃車を含めて全ての処分を無料で行ってくれる業者を探すことです。
動かないバイクでも無料で引き取りますという業者はゼロではありません。

街中を小型トラックで走るながら、スピーカーで無料で引き取ります!と
宣伝しているような業者でも良いでしょう。
ただし、そのような場合は廃車手続きだけは自分で行ったほうが良いです。
廃車手続きをせずにリサイクルに回されてしまうと、翌年の税金が発生してしまい
現物が手元にないのに所有権だけが残った状態となってしまうからです。