原付にしばらく乗らないときの保管方法

  • 投稿日:

今まで頻繁にバイクにのる習慣があったのに
色々な事情でバイクに乗らなくなってしまうという方は多いです。
しかし、そのまま放置しておくとバッテリーが上がってしまったり
バイクが故障してしまうかもしれません。

乗らない期間が数ヶ月の場合には
原付のガソリンは満タンにしておきましょう。
これはタンク内が錆びてしまうのを防ぐためです。
再び乗る時には、ガソリンを入替えてください。
もっと長く乗らない場合には完全に空にしてからよく乾燥させ
防錆コーティングをします。

次にキャブ内のガソリンは抜いておきましょう。
エンジンとエアクリーナーボックスを繋ぐ部分です。
燃料タンクのコックをOFFにしてキャブ下部にあるドレンボルトを緩め
入れ物にガソリンを移し替えます。

エンジンオイルは交換してから保管し
再び乗る時に交換するようにしましょう。