バイクに乗るとテンパって周りを見る余裕がない。どうする?

  • 投稿日:

バイクの運転が苦手な人の共通点として、バイクを運転しているときは
テンパって周りを見る余裕がなくなる点を上げます。
運転することに精一杯になってしまい、車が来てるか、歩行者がいないか、
そういった注意行動まで目が回らないということです。

バイクは自転車と違って簡単にスピードが出てしまうので、
怖くなってしまうのかもしれません。
その感覚は非常に重要なことで、スピードが出ても怖くないほうが
事故を起こすリスクが高いとも言われています。
しかし、余裕のない運転も同じように事故のリスクが高くなりますので、
落ち着いて運転することを心がけましょう。

バイクは普通に運転している分にはいきなり真横に転倒したり、
バランスを崩すことはありません。
問題は無理なカーブや雨天時に速度を出しすぎるなどの無謀な運転で
事故になりやすく、一度事故になると車と違って直接体にダメージが来るので
注意が必要だということです。

余裕がないのであればスピードを控えめにして、自分のペースで
運転することから始めてみましょう。