バイクの運転免許書の種類は7種類。中でもAT免許が人気急上昇中です!

  • 投稿日:

バイクの免許証には種類が7つあります。取得する免許証によって乗れるバイクの種類が異なります。

まず、原付免許ですが、50cc以下の全てのバイクに乗ることができます。普通自動車免許にも付帯しています。法定速度30km/h、二人乗り禁止、二段階右折の義務があります。

次に普通二輪ですが、小型限定、小型限定(AT限定)、普通二輪、普通二輪(AT限定)の4種類があります。小型限定は125cc以下、または400cc以下のバイクに常用可能です。

最後に大型二輪ですが大型二輪(AT限定)、大型限定(制限なし)の2種類があります。AT限定は650cc以下のAT車のみ乗車できます。制限なしでは全てのバイクに乗車が可能となります。

原付免許は技能試験がありません。自宅で市販のテキストを使って勉強をします。そのほかは公認教習所に通い、卒業後に学科試験を受けます。中には教習所に通わず、一発試験を受ける方もいます。

もし、あなたがクラッチ付きのミッション車には乗らないと決めているならAT限定の運転免許証がおすすめです。AT限定免許には普通二輪・小型限定ATと普通二輪AT、大型二輪ATの3種類があります。

AT限定=女の子用というイメージがかつては強く男性はAT限定を避ける傾向にありました。しかし近年、男性にもAT限定を受験する方が多くなってきています。

AT限定の取得者が増えたことにはメリットが大きいことが理由のようです。
・AT車はクラッチ操作がないので運転が楽。アクセル一つで楽々発進ができます。
・短期間で取得できる
・教習所の料金が2~3万円安い

このようにメリットがあるため、特に通勤にスクーターを使いたいという男性を中心としてAT限定を選ぶ方が増えてきています。ツーリングなどを楽しみたい、バイクが趣味の方には不人気のAT車ですが、楽に運転したい方にはオススメです。