原付スクーター購入に必要な諸経費

  • 投稿日:

原付購入に絶対必要となる諸経費を紹介します。

1.車両本体価格
店舗や雑誌などで掲載されているのが「車両本体のみ価格」です。車両本体+消費税=車両本体価格になります。

2.登録代行費
バイクで公道を走るために必要なナンバープレートを発行してもらうため手続きをバイク屋にしてもらうための代行費用です。区役所などで登録ができるため、自分でも登録は可能ですが多くのショップでは断られることが多いようです。

3.ナンバープレート代
ナンバープレートの代金です。地域によって金額が異なります。東京都の場合は520円で高いところでは650円となっています。

4.納車整備費用
購入した原付を整備・チェックする費用です。バッテリーを充電したり、オイルを入れてもらったりします。整備費用には消費税がかかります。

5.自賠責保険
自賠責保険の加入は法律で義務付けられています。

6.重量税
251cc以上は新車登録時に7,500円、車検ごとに5000円が必要です。126cc~250ccは新車登録時に6300円です。125ccまでのスクーター必要ありません。

7. 印紙代
250cc以上のバイクは新車で1400円、中古車で1100円です。250cc未満の場合には不要です。

8.用品代
ヘルメットやグローブなどの必需品。値段はピンからキリまであるので必要に応じて選びましょう。

9.下取り廃車手数料
現在の原付を売って、新たに買う場合にその処分をお願いした場合に必要となります。廃車処分する場合にも別途手数料が非梅雨です。

10.任意保険料
自賠責保険に加えて任意保険に加入するのがオススメです。強制ではありませんが、できるだけ加入するようにしましょう。