原付を捨てたい!廃車費用をかけずに少しでも現金化したいなら

乗らなくなった原付が不動車になったときに、
廃車にするのはお金がかかるし・・・
どうすればいいのかわからないし・・・と放置することってありますよね?

廃車処分にすれば、確かに手数料がかかるかもしれないけど、
放置していては邪魔だし、どんどんボロボロになっていきます。
しかも軽自動車税は毎年かかってきますしね。

放置バイクは持ち家ならまだしも、賃貸なら苦情を言われてしまうこともあるかもしれません。


ただ、廃車=お金がかかるというイメージは間違いなのをご存知ですか?
たしかに処分をするのに費用が掛かる場合もあります。

しかし原付の不動車でも

・引き取ります
・買い取ります


というものを見かけたことはありませんか?

動かないのにナゼ?と思う人もいるかもしれませんが今動く必要はないのです。

なぜなら
1.修理次第で中古として売れる
2.直せなくてもパーツが売れたり、使える


こんな理由があるからです。



しかも、原付が動くものより不動車の方が安く買い取ることができるし、
最悪ゼロ円の無料引取りになることもあります。

廃車にしたい持ち主からしてみたら、
「廃車費用がいらないなんてラッキー」と思うかもしれませんが、

無料で引き取った業者からしてみたら、
「お金になるのにタダでもらえてラッキー」となるのです。


それを聞いたら、なんか損した気分になってきたと言う人も
いるのではないでしょうか?

バイク回収業者を利用した原付の一番得する廃車処分の方法は
こちらのサイト「原付を廃車にする方法」が参考になります。

廃車費用をかけずに、少しでもお金にしたいというなら、
バイク王などのバイク買取業者数社で
出張査定を依頼して査定額を比較することをオススメします。

自分にとって、その原付は不要だとしても、他の人からしてみたらパーツが使えたり、
不動車ではない可能性もありますからね。



glafitという漕がなくても前に進む電動バイクが和歌山のベンチャー企業が
開発し販売を行うためのクラウドファンディングが行われました。
見た目は自転車ですが、電動バイクとして走行可能なEVを搭載しています。

自転車として乗る「ペダル走行モード」
電動バイクとして乗る「EV走行モード」
電動とペダルを漕いで乗る「HV走行モード」の3つの乗り方があります。

見た目は完全に自転車なのに、漕ながくても前に進みますし
あくまでもバイクなので公道を走ることができます。
乗るためには原付の運転免許が必要になり、ナンバープレートを
交付する必要もありますが、これは非常に欲しくなるアイテムですね!
1回の充電で45キロも運転できるようですし、折り畳み可能なので
車に乗せて持っていけば出先でも便利に使えそうじゃないですかね。


電動自転車とglafitの違い

glafitは電動で動くバイクだと言う話ですが、電動自転車とは何が違うんでしょうか?
そもそも電動自転車はあくまでも自転車であって、バイクではありません。
glafitと電動自転車の違いは、フレームがブレーキの構造にあります。

車道を走る以上は安全性を考慮してのフレーム強化を行っています。
そしてブレーキは電動自転車で使われているVブレーキではなく、
バイクや自動車で使われているディスクブレーキを採用しています。

あくまでもバイクとして開発されており、電動機能を使って
バイクとして走る際にはナンバープレートに加えてヘルメットも必要になります。
自転車モードであればヘルメットの必要はありませんが、
glafitを自転車モードだけで走行する人は殆どいないでしょう。
1回4時間の充電で45キロ走れるというのは素晴らしいですね。