原付を捨てたい!廃車費用をかけずに少しでも現金化したいなら

乗らなくなった原付が不動車になったときに、
廃車にするのはお金がかかるし・・・
どうすればいいのかわからないし・・・と放置することってありますよね?

廃車処分にすれば、確かに手数料がかかるかもしれないけど、
放置していては邪魔だし、どんどんボロボロになっていきます。
しかも軽自動車税は毎年かかってきますしね。

放置バイクは持ち家ならまだしも、賃貸なら苦情を言われてしまうこともあるかもしれません。


ただ、廃車=お金がかかるというイメージは間違いなのをご存知ですか?
たしかに処分をするのに費用が掛かる場合もあります。

しかし原付の不動車でも

・引き取ります
・買い取ります


というものを見かけたことはありませんか?

動かないのにナゼ?と思う人もいるかもしれませんが今動く必要はないのです。

なぜなら
1.修理次第で中古として売れる
2.直せなくてもパーツが売れたり、使える


こんな理由があるからです。



しかも、原付が動くものより不動車の方が安く買い取ることができるし、
最悪ゼロ円の無料引取りになることもあります。

廃車にしたい持ち主からしてみたら、
「廃車費用がいらないなんてラッキー」と思うかもしれませんが、

無料で引き取った業者からしてみたら、
「お金になるのにタダでもらえてラッキー」となるのです。


それを聞いたら、なんか損した気分になってきたと言う人も
いるのではないでしょうか?

バイク回収業者を利用した原付の一番得する廃車処分の方法は
こちらのサイト「原付を廃車にする方法」が参考になります。

廃車費用をかけずに、少しでもお金にしたいというなら、
バイク王などのバイク買取業者数社で
出張査定を依頼して査定額を比較することをオススメします。

自分にとって、その原付は不要だとしても、他の人からしてみたらパーツが使えたり、
不動車ではない可能性もありますからね。



前回、原付きに載せられるサイズについて言及しましたが
実は裏技があります。
原付きに積まずに運転している人が背負っている荷物は
30kgまでという制限がなくなります。
60kgの米俵を背負って原付きに乗っても
法律的にはOKということですね。

もちろん、警察官が見てよろよろ運転していたり
明らかに巨大すぎるものを背負っていれば取締にあう可能性はありますが。

ちなみに原付きにはサーフボードキャリアというものがあります。
これを使えば安全に原付きにサーフボードを積み込むことができます。
ものにもよりますが大体4000~10000円で購入できます。
ただし、原付き本体よりも30cm以上大きいサーフボードを乗せてしまうと
違反になってしまいますからサイズには注意を払うようにしてください。